ホメオパシーとは

ドイツ人の医師が確立した自然療法です。
「健康な人に投与して、ある症状を起こさせるものは、その症状を取り去るものになる」
という「同種の法則」を根本原理としています。

ホメオパシーでは、症状が病気とは捉えていません。
身体には知恵があり、症状は体を防衛するための正しい反応、あるいは
心や体のバランスが崩れている結果として生じる、お知らせ、
もう少し言うと、自分本来の生き方をしていない時、自然から離れた考えや行動をしている時の
お知らせとして、ありがたいものだと捉えています。

その体から発しているメッセージ(症状)を正しく受け止め、その時のその方の自己治癒力
一番働きかける、レメディホメオパス(ホメオパシーの療法を行う者)が選択し、
そのレメディを相談者の方が取ることで、その方の自分が治ろうとする力にスイッチを入れます。

ホメオパシーはヨーロッパ、インド、ラテンアメリカなど世界的に普及していおり、。
英国国会では「最も安全な療法」と認められたほか、インドではアーユルヴェーダや西洋医学と共に、
ホメオパシーを第一医学
として用いらています。
インドや、ドイツ、南アフリカ、メキシコなどでは、5年制の大学(教育機関)のある国もあります。

世界の一流有名人の多くが、ホメオパシー愛好家だという事はご存じですか。



ホメオパシーの歴史

約200年前にサミュエル・ハーネマン(1775年~1843年)というドイツ人の医師が作り上げた療法です。
語学の才能があり、ウィリアム・カーレンという学者の薬学書を翻訳している時に、
キナの皮についての記述に引っかかりました。
キナの皮はマラリアの治療薬として使われていましたが、「キナは苦いので肝臓に効く」と
記述されていました。
彼は「他にも苦い薬草はあるのに、どうしてキナがマラリアの治療に使われるのだろうか」
という疑問が湧き、実際に自分がキナの皮を服用してみたのです。
すると、寒気、発熱、痛み、脱水症状、脱力感というようにマラリアと同じような症状が出てきました。
そこで、ハーネマンは気が付いたのです。「マラリアの症状を起こすものがマラリアを治すことが出来るんだ」
同種の法則

その後、キナの皮以外にもこの考えは応用できるのではないか、と考えたハーネマンは、家族や周囲の人に
も摂取してもらいました。プルービング

ハーネマンは「同種の法則」に「超微量の法則」を発見し、穏やかにそして根本的に治癒されるホメオパシーを
確立しました。


ホメオパシーが考える病気とは

病気の根源は、バイタルフォースの滞りにあると考えています。
バイタルフォースとは生命エネルギーです。
目に見えるものでは、ありません。この目に見えないものがある、という考え方をしています。
このバイタルフォースの流れが滞ると、生命力が低下し自然治癒力が小さくなります。
その結果として、病気になるとホメオパシーでは考えているのです。
病気の辛い状況になると、人はどうしてもその症状が悪い、その症状を何とかしなくては、
と考えてします。確かに辛い状況の中それを心からありがたいと思える事は、すぐには出来ないかも
しれませんが、それを目指して、自分の症状と向き合って行った先には、症状が改善する以上の変化が、
貴方に起こります。
自分自身を認め、受け入れ、そして人を愛することができるようになっているでしょう。

活動

活動名

sample

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。